TOP

葬儀の種類を選べる時代

どのような葬儀にするかは、故人の意見や喪主の考え方以外にも、先祖代々の習慣にのっとって決められてきました。昔ながらの厳格な葬儀が多かったのですが、最近では、葬儀についても色々な種類が増えています。そして最近の新しいスタイルを理解する人が増えたことによって、様々なスタイルの葬儀をする会社も増えました。

故人の最後を見送る大切な葬儀ですが、どのような種類があるか理解しておけば、実際に喪主になったときに苦労しません。先祖代々の厳格な葬儀は、一般葬と呼ばれています。人間関係や社会関係での絆を大切にした伝統的なやりかたです。新しい種類の家族葬とは異なり、参列者を限定せずに故人と血縁関係のある遺族や親族以外にも友人や知人など、多くの人に式を知らせて参列してもらうことができる葬儀です。喪主になるととても大変ですが、都会ではなく地方では、一般葬は家庭によってはまだまだ執り行われており人気があります。この式を採用する理由は、やはり昔ながらの一般葬をするのが親族やその他の関係者とのトラブルが少ないためです。参列できなかった人たちのために後日時間を設ける必要がなく、1度に故人とのお別れをすることができるというメリットもあります。

最近採用することが増えている家族葬ですが、内容によっては、一般葬と家族葬の線引きも難しく、参列する人の人数により分類が異なります。そのため、一般葬と内容や進行が変わらないことも多いです。葬儀を簡略化または簡素化する方法として、一日葬や直葬を採用する喪主もいます。一日葬や直葬については、喪主が親族や故人の知人にしっかりと理解をしてもらう必要があります。一日葬や直葬を認めない人も多いため、事前に連絡をしておくとトラブルのリスクを減らすことができます。理解してもらうためには、故人の意見を尊重することを伝え、偲ぶ会などのお別れ会を後日執り行うことで対応できます。お別れ会を設けることで、一日葬や直葬でも故人を送ることができます。

葬儀の種類が増えることで喪主はとても大変ですが、菩提寺となっているお寺との付き合い方も葬儀の種類によって断られてしまうリスクがあります。菩提寺によっては、一般葬しか認めていない菩提寺もあります。対応を間違えると戒名を授けてもらえないことや納骨を断られてしまうことがあります。できれば、一般葬以外を執り行う時には、故人と生前相談することや菩提寺にも確認しておくことが大切です。

お知らせ

[2018年08月09日] ホームページを更新しました。

ページの先頭へ戻る