TOP

誤解されがちな葬儀、家族葬と密葬

家族葬は、近年利用する人が増えている葬儀スタイルです。このスタイルが登場した時には、遺族のみで行われていました。しかし、最近では、親戚や親しい友人などの参列もあり小規模や少人数で行う式を含めて家族葬と言われています。この家族葬の基準は葬儀会社によって異なるものですが、数十人規模の式が該当するものです。しかし、葬儀内容や進行する告別式の内容も一般葬と変わりないため、家族葬だと説明しなければ気がつかずに式に参列する人も少なくありません。特に親族のなかには式のスタイルにこだわっている人であれば気がつく人もいるでしょう。しかしそこまで詳しく知らない人にとっては、故人の生前の付き合いにより参列する人が少ない印象を受けるだけというケースもあります。

家族葬が多く採用されているのは、核家族化が進むことで式に参列する人の数が減少しているだけでなく、遠方で葬儀の日程に合わせて参列することができない人も多くなっていることが理由にあります。小規模な式を首都圏の人たちが行うようになってから注目された葬儀のスタイルです。参列者を限定することができるため、喪主や遺族の精神的な負担や費用を軽くできるため、利用する人は増加傾向にあります。

この家族葬を採用するスタイルの中でも、終活を故人が行うことで本人が希望することもあります。葬儀費用を自分で用意する故人もおり、故人の意見を尊重するために家族葬を採用する喪主や遺族も多いです。先祖代々のお墓を守っている本家であれば行うことは難しいスタイルですが、都会では近所付き合いも希薄になっていることで、比較的多く採用されているスタイルです。  

密葬は、これまで厳格な一般葬と区分されてきた葬儀のスタイルです。しかし、家族葬が登場したことで、勘違いする人も少なくありません。参列する人は家族葬と同じですが、密葬は後日、お別れ会や偲ぶ会を執り行うことを前提にしています。お別れ会や偲ぶ会を後日執り行うことを前提としていない家族葬とは異なります。

ページの先頭へ戻る