TOP

簡略化または簡素に行う葬儀

遺族や親族同士が近所に住んでおらず遠方に住んでいると、通夜や葬儀に参列することが難しい場合があります。宿泊する施設が用意できずに、参列する人たちの負担になることで葬儀を辞退することもあります。これでは故人と安心して最後のお別れを過ごすことができなくなります。そこで行われる新しいスタイルとして1日葬があります。このスタイルは通夜と告別式の2日間行われる行程のなかで、通夜を行わず1日で済ませることが可能です。通夜を行わないことで、故人とゆっくりお別れができるメリットがあります。喪主の負担も軽減されることになるので、最近では家族葬と同じように、こちらのスタイルを採用するケースが増えています。

この1日葬を採用する場合には、1日で葬儀が終わるため自宅で葬儀を行う遺族も多くいます。故人にとって住み慣れた我が家から旅立つことが望ましく遺族の人たちも気を使わずにゆっくりとお別れができるものです。

直葬は、通夜だけでなく葬儀や告別式も行わないスタイルになります。故人の遺体を直接火葬場に運び火葬して終了させるものです。火葬場で宗教者を呼び、炉前式を行うことも希望をすれば可能です。通夜と葬式や告別式を行わないため葬儀とは言えないと考える人もいます。しかし、直葬は都市部の中でも東京を中心とした首都圏で増加している葬儀のやり方になっています。

これは、経済格差が広がっていることが理由に挙げれれます。一人暮らしの老人の孤独死が増えていることで、式を執り行う親族が見つからないことで直葬を行うことになります。亡くなったため、暮らしていたアパートの大家や住んでいた家の近隣の人たちが送り出すときにはこの直葬を行うことが多いです。葬儀とは言えないやり方になってしまいますが、葬儀の費用を考えるとやむを得ないことになります。特別な事情を持っている人たちにとっては、多くの人たちにお別れをして送りだす方法は難しいこともあります。ただ、親族がわかっている場合でこちらの直葬を行うと、他の親族とのトラブルやしっかりと葬儀をすればよかったと問題が残ることもあるので注意が必要です。

ページの先頭へ戻る