TOP

故人が希望する葬儀

終活を行ってきた故人にとっては、どのような葬儀を行ってもらいたいか希望を残しておくことができます。費用を負担するだけでなく終活を行う人のなかにはこれまでとは違ったスタイルを希望する人が少なくありません。そのため最近では増えている自由葬があります。  

自由葬は、これまでの伝統的な形式にとらわれない新しい葬儀のスタイルです。喪主や故人の希望によって、そのやり方は無限に存在しているものです。音楽を中心に行う場合には音楽葬と呼ばれており、故人が生前好きであった音楽などを生演奏やCDを使って式の間中に曲を流しながら葬儀を行うスタイルになります。  

この音楽葬はアレンジすることができるので、自由葬の中でも利用する人が多い葬儀のスタイルになります。一般的な葬儀や家族葬でも、音楽だけは故人の好きだった音楽を流すこともあります。BGMとして流す事を僧侶が了解していれば、これまで行ってきた一般的な式でも音楽を流すことができます。バンドの生演奏でも大丈夫な場合には、一般的な葬儀と音楽葬の融合になります。葬儀を行う式場によっては音楽を流せない場所もあるので必ず確認をして音楽葬を行いたいものです。  

また独自のスタイルと言われるお別れ会は、家族や親族だけで葬儀を行い火葬まで済ませてから後日改めてお別れ会を行うスタイルです。多くの友人知人や会社の関係者などが参列を希望する場合には大規模な式になってしまいます。故人が希望していない場合や喪主や親族の希望によって、後日お別れを故人としてもらう告別式を中心とした葬儀になります。  

芸能人や著名人の葬儀の時にも後日お別れ会を開いて多くの参列者が訪れるお別れの会を行っていますが、最近では一般の人たちでもお別れ会を行うことがあります。このお別れ会は、通夜や告別式を行わない種類のスタイルに該当する直葬を行う場合でも、後日お別れ会を行うことでトラブルを防ぐことができる可能性があります。多くの人たちが参列する式の場合にはよく採用される告別式のスタイルです。このお別れ会を設ければ場合によっては、通夜や告別式を簡素化することも可能となります。

ページの先頭へ戻る